マタニティケア(産後骨盤矯正 さつき鍼灸整骨院)

   

2017年11月14日

妊娠中の患者様もさつき鍼灸整骨院にはたくさん来院していただいています。

今日も妊娠8ヶ月(30週)に入った患者様が来院されました。
症状としては、骨盤周りの痛みと股関節、鼠径部の歩行時痛、初動作痛でした。
妊娠前は特に身体に痛みを感じることはなかったようですが、妊娠中期、お腹が大きくなるにしたがい痛みが出てきたようです。

妊娠中期から後期になると出産に向けて骨、関節を支えている靭帯がゆるみ骨盤が開いてきます。
その為、土台となる骨盤の周りの関節などに負担がかかり腰や股関節などに痛みがでてしまいます。

妊娠中に身体に痛みが出ると、出産時の妨げになってしまう事もありますのでしっかりとしたケアが必要になります。


また、妊娠中の方の訴える症状にミミの閉塞感があります。
比較的妊娠中の方には多い症状ですが、原因ははっきりわかっていませんが出産されると症状は改善されます。

でも、妊娠中ずっと耳の閉塞感が続くのもツライものです…。

このような症状の方は首の調節を行うと症状が改善しやすくなります。


妊娠中のかたはお腹の赤ちゃんもおられますので負担になる事はよくありません。
さつき鍼灸整骨院ではお身体に負担がかからないよう経験をもとに施術を行なっていきます。


ツライ症状がある方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

西宮市 さつき鍼灸整骨院



ページの一番上に戻る