産後の骨盤ケア (西宮市 さつき鍼灸整骨院)

   

2018年01月12日


さつき鍼灸整骨院では、産後の骨盤ケアを行なっています。

産後の骨盤ケアはとても重要です。

では、産後のケアを怠ってしまうとどうなるのでしょうか?

妊娠中、少しずつお腹が大きくなるにしたがいホルモンなどの関係で骨と骨をつないでいる靭帯というものが緩み、骨盤が少しずつ広がり出産に向けて準備を始めていきます。

この時、骨盤が開くのと同時に骨盤底筋群も引き伸ばされた状態になります。


骨盤が広がってしまうのは出産の時に広がるとお思いの方も多いですがそういうものでもなあさく、帝王切開だから広がっていないというものではありません。

産後はこのような状態な為、尿漏れがあったり、骨盤周りのぐらつきがあったり、ズボンサイズが戻らずにという状態になります。

また、骨盤の周りの環境が悪くなると内蔵の働きも悪くなってしまうため、子宮や卵巣の働きも悪くなりその結果、2人目不妊になってしまうということにもつながります。


では、産後のケアはいつから始めるのが良いのでしょう?


産後、時間が経過しすぎてしまうと症状が改善するのに時間がかかりやすくなってしまいます。
産後の検診が終わり子宮の状態も落ち着いた状態になってから産後半年までに始めるのが良いと思います。


産後の症状が気になる方は、さつき鍼灸整骨院にご相談下さい。

骨盤矯正

 

JR甲子園口 さつき鍼灸整骨院

 



ページの一番上に戻る