移植当時の施術で着床率アップ!! (美容鍼 さつき鍼灸整骨院)

   

2018年02月5日

 
さつき鍼灸整骨院では妊活を頑張っている方のサポートを行なっています。

今日も妊娠、出産を目指し頑張っている患者様に来ていただいており
その中には、本日移植をされる患者様もおられます。


妊活を頑張っている方、体外受精で妊娠を目指している方、移植日の当日に施術することで着床率がアップするのをご存知ですか?


移植された後、受精卵は子宮というベッドに向かい包まれるような状態になります。
この時、ベッドが冷たくて硬い状態よりもあったかくてフカフカに柔らかい状態の方が着床しやすくなります。

柔らかく良い状態にするには『血液を集める』事が重要になります。



さつき鍼灸整骨院では、移植当時このフカフカであたたかい状態のベッドにする為に温熱刺激で子宮に血液を集める施術を行い、そのままクリニックに行っていただきます。
 
そうすることで、子宮内膜が良い状態で移植ができ卵が内膜に潜り込みやすくなります。
 
 
しかし、当日だけ施術すれば着床の確率が高くなるものではありません。
 
内膜の状態は卵から出るホルモンが関係しているため継続して施術を行い内膜の質を良くすることが最重要になりかつ、当日に施術を行い万全の状態で移植をすることがベストとなります。
 
 



さつき鍼灸整骨院では妊活を頑張っている方のサポートを行なっています。

不妊鍼灸・整体の無料相談や無料体験を行なっていますで、お悩みの方は一度ご相談下さい。
http://satsuki-shinkyuseikotsu.com/reservation/
西宮市 さつき鍼灸整骨院


ページの一番上に戻る