首のシワ、放っておくと老け顔に⁉(産後骨盤矯正・小顔矯正 さつき鍼灸整骨院)

   

2018年02月2日

何気なく鏡に映った自分の姿に「いつの間にこんなに首のシワができていたの!?」と驚いたことがある人も多いはず。普段、顔ほど意識していないパーツだからこそ、気づいたときのショックは大きいですよね。

しかも一度できてしまうと、どんどん深くなっていくシワ…

首にシワができる原因はいくつかありますが、ちょっとした癖や生活習慣が、シワを悪化させる原因になっているかも知れません。

 

その原因の中で大きく分けると

・生活習慣

・肌の乾燥

・加齢         などがあります。

 

この中でも首のシワの原因として最近増えてきているのが、生活習慣によるものです。

『癖ジワ』とも言われ、顎を引いたうつむき姿勢を長時間とりがちな人ほど首にシワが寄った状態を作ってしまい、シワが定着しやすくなります。

 

例えば、最近街中やどこでも手にしているスマホ。多くの人が頭を下に向けてうつむき姿勢で画面を見ています。この状態が長ければ長いほど、首にシワが寄っている時間が長くなり皮膚に折り目が定着してしまうのです。

スマホ以外でも、うつむいて資料や本を読んでいる人も要注意!

また、最近はパソコンを仕事で使う人が増え、前のめりの姿勢になり猫背になりやすく、顎が前に落ちる姿勢を毎日繰り返しているとシワが寄りやすくなります。

姿勢が悪いと頭を支える首の筋力がなくなり、頬杖をつく癖がつき首をかしげることになるのでこれもシワになりやすい要因です。

 

就寝時も首のシワにつながる原因があります。

高い枕で寝る人は顎を引いた状態で寝ていることになり、毎日長時間この姿勢が続けば、当然シワが定着しやすくなります。

それに、枕が高すぎると首だけでなく肩に負担がかかり凝りの原因になり、リンパの流れが滞ってしまいます。そうすると、顔周りの代謝が低下し、たるみや肌トラブルの原因になってしまいます。

枕を買うときは、首にシワが寄らない高さを選ぶのも大切です。

 

あとは乾燥や加齢はシワの原因として一番多いですが、最近では20~30代の首のシワに加え顎のたるみが多くなっています。

これは先ほど言ったように、姿勢が悪くなり首周りの筋肉を使わないので弱ってしまうのです。なので、若く太ってないのに二重顎になってしまうのです。

20代の内からこんな状態だと20、30年後…

想像すると怖いですよね。

 

ただ、姿勢を正せば改善する余地があるということです。

まず、立った時に肩と耳は一直線というのが、正しい首の位置だということをカラダに覚えさせましょう。この姿勢をキープするのがつらかったら、一日に何度か気づいたときに少しづつ修正するだけでもいいです。コツは、おへその下の丹たんでん田に力を入れること。丹田を意識すると、体幹に力が入り、背筋も伸びる。そして両方の肩甲骨を寄せるようにすれば、首も正しい位置に戻ります。

それでもなかなか自分では出来ない方は、姿勢矯正や骨盤矯正などをおすすめします。ただ矯正するだけでなく、その方に合った癖の治し方や運動も加えてすると段々身体に定着していきます。

 

 

全身姿勢矯正(わだち式姿勢矯正)

 

西宮市 JR甲子園口 さつき鍼灸整骨院



ページの一番上に戻る