新生活まずは顔の悩みから改善!(産後骨盤矯正・鍼灸治療 さつき鍼灸整骨院)

   

2018年04月6日

4月になり新生活で学校やお仕事が始まり、新たな出会いが多い春。

気分一新でスタートしたいですね。

新シーズンになると、特に女性は新しい洋服が欲しくなったりヘアーチェンジをしたりメイクを変えてみたり、メイクを初めてする方も多いはず。

鏡を見る機会が増え、顔の症状が気になったりしませんか?

 

春は1年の中でも気圧が変動しやすく、身体がむくみやすい時期なのです。

なので、春にお顔がむくむ方が多いのです。

むくみとは、血管の外側の細胞間に余分な水分が溜まってしまう状態です。

 

春は低気圧と高気圧が繰り返し訪れる寒暖の差が激しい季節で、自律神経が乱れやすく血流が滞ってむくんでしまいます。

また、春は薄着になる機会が増えるため身体が冷えてしまい、むくみの原因になってしまいます。

 

それに春は生活環境の変化から多くの方がストレスを感じやすい時期です。

ストレスを感じていると肌トラブルが増えます。

春は外からも内からもストレスがかかりやすいですね。

そんなお悩みを解消したい方に、当院では美容鍼や小顔矯正をおススメしますが、今日は小顔矯正を紹介します。

 

美容鍼は針を刺すので注射のイメージが強く、顔に針が刺さることに抵抗を持たれる方が多いですが、実際は注射針ほど太くなく痛みもほとんどないです。

ですが、鍼特有のズーンとした響くような感覚や刺したときに毛抜きで毛を抜くような痛みが多少あるので、敏感な方や痛みに弱い方は小顔矯正をされる方が多いです。

 

当院の小顔矯正は天然石のカッサを使ってリンパを流し、循環を良くして手技で筋肉をゆるめ最後に骨を整えていきます。

痛みもほとんどなく、筋肉がほぐされ血流が施術している途中から良くなるので大体の方が寝てしまいます。

凝りがきつい方は、痛気持ちいくらいで逆にそれくらいの刺激がないと満足しない方もおられます。

 

主に小顔矯正を受ける方は、むくみや顔の大きさ・顔全体のたるみやほうれい線のシワなどが悩みとして多いです。

人によって気になるヵ所は様々ですが、当院では左右の骨格のバランスや筋肉の張りなどを主に診ています。

骨の上に筋肉がついているので、生活の中でのクセやストレスがかかり筋肉が硬くなることにより骨が引っ張られ歪みが生じます。

そうすると、血液の流れが悪くなって肌に栄養がいかなくなり、新陳代謝がうまく起こらず様々な症状がでてきます。

 

小顔矯正を受けられる方の中には自分の顔が凝っていることや歪みがあることにびっくりされる方もおられます。

みなさん凝りや多少の歪みは日常で気づくことが少なく、ふと鏡を見た時や写真を撮った際にこんな顔だったけ?と思われるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、少しでも気になることがあれば一度、小顔矯正してみませんか?

 

小顔

 

 



ページの一番上に戻る