寒さからくる急な身体の痛み(骨盤矯正 鍼灸治療 さつき鍼灸整骨院)

2018年12月19日

12月半ばになり、今年もあとわずかとなりましたね。

先週辺りから、急な寒波がやって来て気温の温度差があり体調を崩してしまう方が多くなってきました。

急に寒くなると風邪なども多いですが、ぎっくり腰や寝違いなども多くなりやすいです。

それに加えて、普段から肩こりや腰痛を感じない方も、身体の痛みを訴えて来られる方が増えてきました。

 

冬は寒いので服をたくさん着込んだりコートなども羽織ることで、単純に肩に負担がかかるのも原因の一つです。

さらに、夏場と違い寒くなると身体が冷えると身体が縮こまります。

身体が縮こまることで普段柔軟性のある筋肉が縮んで硬くなり、筋肉の間を通っている神経が挟まれ圧迫されることで傷つき痛みが起こります。

なぜ、身体が縮こまるのでしょうか。

それは、皮膚が寒さを感じると脳に伝えられ、身体から熱を逃がすなという命令が下されます。

脳からの命令によって身体が熱を逃がさないように、筋肉を縮ませるので硬くなるのです。

筋肉が硬くなることは、血液の循環も悪くなります。

血管は筋肉の間を縫うように通っていますので、筋肉が硬くなると血管が締め付けられ血液の流れが悪くなるのです。

血液の循環が悪くなるとリンパ液などの体液の循環も悪くなり、体中に十分な栄養が行き渡らずに老廃物が溜まっていきます。

老廃物が溜まることによって、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わりにくくなり「凝り」が生じてしまうのです。

さらに、その凝りを改善せず放っておくとどんどん疲労が溜まり、筋肉が硬くなってることに気づかず急に動かすことによるぎっくり腰や寝違いになります。

そうなってしまうと、状態にもよりますが仕事や家事が出来ないといったことになってしまいます。

 

寒い時期に肩や腰が凝らないためには、まずは身体を冷やさないこと!

防寒対策でなるべく厚着を大切ですが、はじめに言ったように服の重さで肩が凝っては意味がありません。

日々のお風呂をシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にしっかり浸かると良いです。

39、40℃辺りの温度でゆっくり10~15分ほどで十分です。

お風呂にゆっくり浸かるのが苦手…のぼせてしまう…という方は、凝っている所をホットタオルなどで温めるのも良いですね。

今は市販でも温熱グッズが出ているので、色々試してみて下さい♪

他にも軽い運動やストレッチなども効果的です。

固まった筋肉を動かして血行を良くするのも凝りにくいです。

 

ただ、ぎっくり腰や寝違いになってしまった場合は、炎症が起きているのでむやみに揉んだり温めたりするのは炎症を悪化させてしまう可能性が高いのでだめです!

冬は寒いですが、痛いところだけでも炎症を抑えるために冷やしましょう。

刺さるような痛みや痛くて身体が動かせない…動かないというような感じだと炎症が起きている場合があります。

無理に動かさずしっかり対処しましょう。

 

 

 

腰痛・坐骨神経痛

西宮市 さつき鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

さつき鍼灸整骨院。予約優先制。0798813389
さつき鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら
TOPへ戻る