移植当時の施術で着床率アップ!! (美容鍼 さつき鍼灸整骨院)

2018年02月5日

 
さつき鍼灸整骨院では妊活を頑張っている方のサポートを行なっています。

今日も妊娠、出産を目指し頑張っている患者様に来ていただいており
その中には、本日移植をされる患者様もおられます。


妊活を頑張っている方、体外受精で妊娠を目指している方、移植日の当日に施術することで着床率がアップするのをご存知ですか?


移植された後、受精卵は子宮というベッドに向かい包まれるような状態になります。
この時、ベッドが冷たくて硬い状態よりもあったかくてフカフカに柔らかい状態の方が着床しやすくなります。

柔らかく良い状態にするには『血液を集める』事が重要になります。



さつき鍼灸整骨院では、移植当時このフカフカであたたかい状態のベッドにする為に温熱刺激で子宮に血液を集める施術を行い、そのままクリニックに行っていただきます。
 
そうすることで、子宮内膜が良い状態で移植ができ卵が内膜に潜り込みやすくなります。
 
 
しかし、当日だけ施術すれば着床の確率が高くなるものではありません。
 
内膜の状態は卵から出るホルモンが関係しているため継続して施術を行い内膜の質を良くすることが最重要になりかつ、当日に施術を行い万全の状態で移植をすることがベストとなります。
 
 



さつき鍼灸整骨院では妊活を頑張っている方のサポートを行なっています。

不妊鍼灸・整体の無料相談や無料体験を行なっていますで、お悩みの方は一度ご相談下さい。
http://satsuki-shinkyuseikotsu.com/reservation/
西宮市 さつき鍼灸整骨院

首のシワ、放っておくと老け顔に⁉(産後骨盤矯正・小顔矯正 さつき鍼灸整骨院)

2018年02月2日

何気なく鏡に映った自分の姿に「いつの間にこんなに首のシワができていたの!?」と驚いたことがある人も多いはず。普段、顔ほど意識していないパーツだからこそ、気づいたときのショックは大きいですよね。

しかも一度できてしまうと、どんどん深くなっていくシワ…

首にシワができる原因はいくつかありますが、ちょっとした癖や生活習慣が、シワを悪化させる原因になっているかも知れません。

 

その原因の中で大きく分けると

・生活習慣

・肌の乾燥

・加齢         などがあります。

 

この中でも首のシワの原因として最近増えてきているのが、生活習慣によるものです。

『癖ジワ』とも言われ、顎を引いたうつむき姿勢を長時間とりがちな人ほど首にシワが寄った状態を作ってしまい、シワが定着しやすくなります。

 

例えば、最近街中やどこでも手にしているスマホ。多くの人が頭を下に向けてうつむき姿勢で画面を見ています。この状態が長ければ長いほど、首にシワが寄っている時間が長くなり皮膚に折り目が定着してしまうのです。

スマホ以外でも、うつむいて資料や本を読んでいる人も要注意!

また、最近はパソコンを仕事で使う人が増え、前のめりの姿勢になり猫背になりやすく、顎が前に落ちる姿勢を毎日繰り返しているとシワが寄りやすくなります。

姿勢が悪いと頭を支える首の筋力がなくなり、頬杖をつく癖がつき首をかしげることになるのでこれもシワになりやすい要因です。

 

就寝時も首のシワにつながる原因があります。

高い枕で寝る人は顎を引いた状態で寝ていることになり、毎日長時間この姿勢が続けば、当然シワが定着しやすくなります。

それに、枕が高すぎると首だけでなく肩に負担がかかり凝りの原因になり、リンパの流れが滞ってしまいます。そうすると、顔周りの代謝が低下し、たるみや肌トラブルの原因になってしまいます。

枕を買うときは、首にシワが寄らない高さを選ぶのも大切です。

 

あとは乾燥や加齢はシワの原因として一番多いですが、最近では20~30代の首のシワに加え顎のたるみが多くなっています。

これは先ほど言ったように、姿勢が悪くなり首周りの筋肉を使わないので弱ってしまうのです。なので、若く太ってないのに二重顎になってしまうのです。

20代の内からこんな状態だと20、30年後…

想像すると怖いですよね。

 

ただ、姿勢を正せば改善する余地があるということです。

まず、立った時に肩と耳は一直線というのが、正しい首の位置だということをカラダに覚えさせましょう。この姿勢をキープするのがつらかったら、一日に何度か気づいたときに少しづつ修正するだけでもいいです。コツは、おへその下の丹たんでん田に力を入れること。丹田を意識すると、体幹に力が入り、背筋も伸びる。そして両方の肩甲骨を寄せるようにすれば、首も正しい位置に戻ります。

それでもなかなか自分では出来ない方は、姿勢矯正や骨盤矯正などをおすすめします。ただ矯正するだけでなく、その方に合った癖の治し方や運動も加えてすると段々身体に定着していきます。

 

 

全身姿勢矯正(わだち式姿勢矯正)

 

西宮市 JR甲子園口 さつき鍼灸整骨院

産後のトラブル (妊活専門治療 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月31日

出産後には色々な身体の変化があるために様々なトラブルにみまわれます。

出産された方に多くみられるトラブルの中でも今回は『尿漏れ』についてお話します。

 

お腹の中で赤ちゃんが大きくなるに従い骨盤が開き骨盤底筋群が伸びた状態になっていきます。

産後の尿漏れにはこ『骨盤底筋群』の緩みが関係しています。

 

『骨盤底筋群』とは、名前の通り骨盤の底に位置し膀胱や直腸などの内臓を支えている筋群です。

骨盤底筋群が緩んでしまうと支えが弱くなってしまうため、内臓が下垂しポッコリお腹の原因となったり、腰痛の原因にもなります。

 

また、尿道や肛門などを締める働きもあるため、産後骨盤底筋群が緩んだ状態だと尿漏れが起きてしまいます…。

 

 

この状態を早く回復させるためには、骨盤底筋群をもとの状態に戻す必要があります。

 

『骨盤底筋群を鍛え再教育する』

ということです。

 

方法は色々あります。

骨盤矯正で骨盤周りの筋肉を鍛える。

EMSの機械を使い骨盤底筋群を動かし鍛える。

自宅で骨盤底筋群を動かす体操をする。

 

無理なく続けることで効果が表れきます。

 

産後、時間が経過するとともに骨盤底筋群は伸びてしまった状態で筋肉が硬くなり伸び縮みしにくい状態になってしまいます。

このような筋肉の状態だた、お子さんが走り出したころになっても不意に尿漏れがあったり縄跳びをした時に尿漏れが…ということになりかねません。

 

産後のトラブルでお困りの方、さつき鍼灸整骨院に1度ご相談下さい。

楽トレ

西宮市 さつき鍼灸整骨院

急な首の痛み (不妊鍼灸 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月29日

朝起きると首が痛くなり回らないんです…。
と、患者様が来院されました。

寒さが厳しいこの時期は首だけでなく肩や腰など急な痛みが出やすくなります。

痛みの原因の一つとして『冷え』があります。


特に朝方などの痛みは、夜中同じ姿勢で寝ている為に筋肉をあまり動かさない状態でかつ冷えるが加わることから筋肉の伸び縮みがしっかりできず、動かしたひょうしに痛みがでるケースが多いと思います。

『寝違え』も同じような事が原因のことが多いと思います。


このような痛みの時の施術としては、筋肉を緩めて滑走できるような状態にする施術を行います。

状態にもよるでしょうが、ひどい痛みの時にマッサージで筋肉を刺激しすぎてしまうと、筋肉が過緊張状態になり症状を悪化させてしまうことになりますので注意が必要です。

また、このような状態でストレッチする場合も伸び縮みできない筋肉を無理に動かすことになるのでまずは筋肉が緩んだ状態をつくる事が重要です。

痛みは時間が経つほど治りにくくなる場合もあります。
気になる症状がある時は我慢せずお早目にご来院下さい。

 

全身姿勢矯正(わだち式姿勢矯正)

西宮市 さつき鍼灸整骨院

季節によって変わる乾燥肌!!(骨盤矯正・鍼灸治療 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月26日

 

冬になると気温・湿度とともに1年で最も低くなります。身体が冷えることで血行が悪くなり、代謝が下がりお肌の水分も皮脂も減り、ドライスキンへ偏って敏感肌になりがちです。

また、代謝が低下するとお肌のターンオーバーが低下しがちになります。

そして肌だけでなく頭皮や髪までパサつきボリュームダウンに陥りやすいシーズンです。

嫌な静電気もこの季節の悩みの一つです。

 

夏も紫外線が強い上、外で活動する時間が長くなりがち!

強い紫外線=シミのイメージが強いですが乾燥の原因にもなります。

また多量の汗をかくことから”洗いすぎ”や、室内のクーラーの効きすぎによる湿度低下で起こる乾燥もあります。

さらに、人間の身体は急激な温度変化を物理的ストレスとして受け取るため、屋外と屋内を行き来するたびにストレスを感じ、ストレス反応で交感神経が刺激され、交感神経優位になります。

この状態は肌バリアの機能低下を引き起こす男性ホルモンが分泌されやすくなるため、内分泌液の問題からも肌バリア機能にダメージが及びます。

 

肌が乾燥すると…

☆皮脂量の低下 ☆アトピー性皮膚炎 ☆脂性乾燥肌(オイリードライ肌)

☆バリア機能が低下 ☆天然保湿因子量の低下(日焼け・加齢・睡眠不足・ストレス)

 

美容鍼がオススメ!!

乾燥した肌は「保湿ができない肌」状態になっています。

保湿を行う細胞がいないため、保湿ができる細胞に入れ替える「保湿を行う=身体の維持」のための身体の仕組み、いわゆる「新陳代謝」「皮膚新生」というものです。

新陳代謝を高め、皮膚新生に影響を与えて保湿性に優れた皮膚を生成させるというのが乾燥肌への鍼の狙いです。

美容鍼は、お肌の深層に働きかけて血流改善効果やお肌本来の働きを活性化させる効果が期待できます。

 

小顔

 

西宮市 JR甲子園口 さつき鍼灸整骨院

逆子治療(産後骨盤矯正 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月25日

妊娠中はお腹が大きくなるだけでなく、ホルモンの影響などにより肉体的にも精神的にも様々な変化が起こります。

妊娠初期には『つわり』後期には『むくみ』や『坐骨神経痛』などに悩まされる方も多いのではないでしょうか?


そして、時々起こってしまうトラブルとして『逆子』があります。

逆子になってしまうと、出産の時に普通分娩が難しくなり帝王切開になってしまう場合もあり、お母さんとしはどうにか改善したいところだと思います。


逆子になってしまった場合、逆子体操やマッサージなどあると思いますが、さつき鍼灸整骨院でも『逆子治療』を行なっています!


『逆子のお灸』聞いた事とありますか?

『至陰』というツボにお灸をしたりするのですが、さつき鍼灸整骨院でやる逆子治療はこれとは少し違います。


お灸や温熱器を使い下肢を中心に温熱刺激を加えます。
下肢には骨盤につながっている神経がありそこを刺激することでお腹の中の赤ちゃんの動きを促します。

足の冷えは逆子の原因ともいわれます。

赤ちゃんは暖かい方に頭を向けると言われており、足元が冷え血流不足になるとそれを嫌い心臓があり血流が豊富な方に頭を向ける為に逆子になると言われますので冷え性対策をしっかりと行うことが逆子の対策にもなります。


もしも逆子でお悩みの時、お近くにお困りの方おられましたら、さつき鍼灸整骨院にご相談ください。

マタニティー整体

西宮市 さつき鍼灸整骨院

多嚢胞性卵巣症候群② (不妊鍼灸 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月22日

前回、多嚢胞性卵巣症候群についてお話ししましたが、今回は卵のグレード、質の改善はどうするのかについてお話しします。


多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣内に古い卵が残ってしまい、排卵しにくくなる状態のことをいいますが、この古い卵がたくさん残ってしまっている状態だと、いくら排卵したとしても卵の質は良くありません。

卵の質を良くする為に重要となるのが、月経周期のコントロール、排卵までにかかる時間です。


卵が成熟しはじめ14日で排卵するのが理想となります。
それより長くかかってしまうと、卵がなかなか成長しなかったせいで成長する為のホルモンの刺激を受けすぎて卵が疲れた状態になってしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群の方の卵はこのような状態なので卵の質が悪くなるってしまいます。

では、改善する為にはどうすればいいのでしょう?

まずは卵巣の中の未成熟な卵を消すことが重要になります。
消す、すなわちカラダに吸収させるということです。

卵巣や子宮にしっかり血液を流れ込む状態をつくりホルモンなどの命令をしっかり伝えられる状態にするとこで代謝をあげ古い卵を処理することができます。

さつき鍼灸整骨院では不妊鍼灸・整体治療を初回無料体験にて行っています。

子供が欲しいがなかなか授からなく悩んでいる方、2人目のお子さんがなかなか授からない方、体外受精を考えている方、お気軽にご相談ください。

http://satsuki-shinkyuseikotsu.com

西宮市 さつき鍼灸整骨院

 

多嚢胞性卵巣症候群 ① (骨盤矯正 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月19日

不妊症になってしまう原因は色々あります。
排卵障害、卵管の問題、子宮内膜の問題、女性だけでなく男性側の問題など…。

その中でも今回は排卵障害を起こす原因となる多嚢胞性卵巣症候(PCOS)についてお話しします。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?
卵巣にはたくさんの卵の細胞があり、毎月ひとつずつが主席細胞となり成長していき排卵します。
卵の細胞は卵胞という袋の中に包まれている状態で、中に液体がつまっています。
成長するにしたがい袋は大きくなり約2センチくらになると破裂し中の液体とともに卵子が排卵されます。

多嚢胞性卵巣症候群の方は卵巣の中に未成熟な状態の卵がたくさんできます。しかし、排卵するくらいまでの大きさには至らない為に排卵されず、卵巣の中に残ってしまいます。
また多嚢胞性卵巣症候群の方は卵が自体が硬くなってしまいやすく自力で卵を破り排卵することが困難になります。


多嚢胞性卵巣症候群の症状としては卵巣に卵が残ってしまう関係でホルモンバランスが崩れてしまうため男性ホルモンが高くなったり、LH(黄体形成ホルモン)の数値が高くなったり、月経過多や不正出血がおこったりします。


原因としては内分泌異常や糖代謝異常など様々な説がありますが、はっきりとした原因は解明されていません。

多嚢胞性卵巣症候群の方は卵のグレード、質が良くありません。

どうすれば改善することができるのか?

次回お話しします。

TOP

西宮市 さつき鍼灸整骨院

子宮内膜症のツライ月経痛…(不妊鍼灸 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月16日

女性特有の婦人科系の疾患は色々ありますが、今日は子宮内膜症についてお話しします。


みなさんは子宮内膜症とはどのような疾患かご存知ですか?
男性の方でも名前は聞いたことがある方も多いとおもいますが、さつき鍼灸整骨院にも子宮内膜症の症状が辛く改善するため治療に来られている患者さまもおられます。


では、どうして子宮内膜症になってしまうのでしょう?


子宮内膜は月経周期にあわせて変化があります。
月経が終わり卵胞期の時期になり子宮内膜は少しずつ厚みを増し妊娠に向けてカラダが変化していきます。
高温期(黄体期)では子宮内膜は厚くなった状態の内膜を維持していきます。
そして、卵が内膜に着床していない、妊娠していない状態の場合は子宮内膜が剥がれだし月経が起こります。

この月経の時に剥がれた内膜はほとんどが膣から外に排出されますが、一部は卵管から腹腔内に流れ込みます。

この逆流した血液が溜まり子宮以外で内膜をつくってしまうことを子宮内膜症といいます。


通常この逆流はみなさんが起こる事なのですが、血液循環が良い方はしっかり処理できて吸収できるために内膜症になることはありません。

しかし、子宮や卵巣などの機能が低下して循環が悪くなってしまうと、しっかり吸収できず溜まってしまい増殖してしまい内膜症になってしまいます。


子宮内膜症の方の症状の一つとして月経困難や月経痛があります。

先程お話しした溜まってしまい処理できなかった液は他の組織と癒着し硬くなってしまいます。
月経の時はこの硬くなった状態のものを無理に剥がしている状態の為ひどい痛みを伴ってしまいます。


子宮内膜症を改善していくためには骨盤内の環境を整え子宮や卵巣などの働きを正常化していくことが重要です。

子宮内膜症など症状でお困りの方は、さつき鍼灸整骨院では主に鍼灸を用いた治療を行っています。

 

子宮内膜症は不妊症の原因にもなります。早めの改善が大事です。

子宮内膜症で悩んでいる方、さつき鍼灸整骨院に一度ご相談下さい。

鍼灸治療

西宮市 さつき鍼灸整骨院

産後の骨盤ケア (西宮市 さつき鍼灸整骨院)

2018年01月12日


さつき鍼灸整骨院では、産後の骨盤ケアを行なっています。

産後の骨盤ケアはとても重要です。

では、産後のケアを怠ってしまうとどうなるのでしょうか?

妊娠中、少しずつお腹が大きくなるにしたがいホルモンなどの関係で骨と骨をつないでいる靭帯というものが緩み、骨盤が少しずつ広がり出産に向けて準備を始めていきます。

この時、骨盤が開くのと同時に骨盤底筋群も引き伸ばされた状態になります。


骨盤が広がってしまうのは出産の時に広がるとお思いの方も多いですがそういうものでもなあさく、帝王切開だから広がっていないというものではありません。

産後はこのような状態な為、尿漏れがあったり、骨盤周りのぐらつきがあったり、ズボンサイズが戻らずにという状態になります。

また、骨盤の周りの環境が悪くなると内蔵の働きも悪くなってしまうため、子宮や卵巣の働きも悪くなりその結果、2人目不妊になってしまうということにもつながります。


では、産後のケアはいつから始めるのが良いのでしょう?


産後、時間が経過しすぎてしまうと症状が改善するのに時間がかかりやすくなってしまいます。
産後の検診が終わり子宮の状態も落ち着いた状態になってから産後半年までに始めるのが良いと思います。


産後の症状が気になる方は、さつき鍼灸整骨院にご相談下さい。

骨盤矯正

 

JR甲子園口 さつき鍼灸整骨院

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9

ページの一番上に戻る