花粉で肌がボロボロ…💦(西宮市 鍼灸整体院HALU)

   

2020年03月10日

最近は、コロナウイルスが流行り忘れがちですが、今花粉がピークの季節です((+_+))

今年は暖冬で花粉症がはやり始めるのが早くなっていますね。

 

花粉症シーズンになると、健康の問題だけでなく美容の問題も引き起ります。

それは…“肌荒れ”です!!

 

花粉症の方はこの時期になると肌が乾燥してしまう方がほとんどだと思います。

肌の乾燥を防いでいるのは、肌表面にある『角質層』という部分です。

角質層は、レンガのような角質細胞が積み重なっていて、その隙間を角質細胞間脂質がセメントのようにぴったりと埋め尽くすことによって、肌の内側から水分が逃げていくのを防いでいます。

また、外部から異物の侵入を防ぐバリアの役割も担っています。

この角質層のバリア機能が低下すると、肌の内側から水分が逃げていきやすく乾燥の原因になります💦

異物の侵入も受けやすいため、花粉やほこりなどのちょっとした刺激に敏感に反応し、保湿機能を失っているため、より乾燥してしまい肌荒れやかゆみなどを引き起こすのです(>_<)

放っておくと乾燥はどんどんひどくなり、肌の内部までダメージを受けて、肌荒れが余計に治りにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

乾燥だけでなく、血行不良も肌荒れのひとつの原因です。

血液は全身の細胞に必要な酸素や栄養素を運ぶ役割を持っています。

これは肌も同様で、肌の細胞は運ばれてきた酸素や栄養素をもとに新陳代謝を続けています。

しかし、血行不良によって新陳代謝に必要な物資が届かなくなると、肌の細胞は今手元にある酸素や栄養素の消費をセーブしようとするため、新陳代謝は低下しターンオーバーが乱れる原因となってしまうのです。

 

 

疲れが溜まってくると、肌にぶつぶつができるという方ももいるのではないでしょうか?

花粉症の症状により寝不足や免疫力の低下でストレスが溜まり、吹き出物が出てしまうことも肌荒れの原因のひとつです💦

これはストレスによって皮脂が過剰に分泌され、毛穴ががつまることが原因です。

精神的にストレスを感じている場合は皮脂が1.7倍に増えるというデータもあります。

炎症を起こしてぶつぶつとした吹き出物ができることもあるのです。

 

肌の状態が変わると、スキンケアを変えて状態を落ち着かせようとする方がいます…

この時期に一番おすすめしないのが“スキンケア”をガラッと変えること✖

もちろん保湿力の高いものに変えたいというのは良いことなのですが、肌が敏感になっている以上いつもと違うものに挑戦するというのは少しリスキーです。

バリア機能が弱っている状態、敏感に反応しやすい、花粉で炎症が起きているそんな時にスキンケアの変更をするのはちょっと難しいので慎重に。

 

保湿力を高めたいという時には、例えば最後にクリームを追加する。

乳液をやめてクリームに変更するなど、これくらいがベストです♡♡

美容成分たっぷりのスキンケアも負担になっていることが多いので、この際抜いてみるのも一つです。

つけないことが肌の負担を減らす場合もあります!!

 

 

 

 

 

 

 

肌の基盤をしっかり保つために美容鍼が効果的です☆

美容鍼は、できかけの肌荒れを軽症で抑えたり肌荒れが進んでいる個所を早く治したりといったことが得意です。

残ってしまった炎症の痕を消すのにも効果的です。

美容鍼はスキンケアと違い肌の表面ではなく、その下のある真皮や皮下組織を直接刺激するので、サイトカインと呼ばれる細胞から分泌されるたんぱく質が活性化し炎症を抑えます。

それと同時に血流やリンパの流れが良くなり、肌が根本からよみがえっていくのです。

美容鍼は施術前後の消毒以外では、薬品や化粧品を一切使用しないので副作用が無いのも特徴です(^^)/

一時的に、症状が悪化したような状態になることもありますが、これは身体が正常な状態に戻るときに起こる“好転反応”というもので、身体の細胞が活性化したり溜まっていた老廃物が排除されたりすると起きます。

1回の治療でも効果は表れますが、続けて治療をすることで肌のターンオーバーが整いやすくなり肌が荒れにくく常に良い状態をキープできます♡♡

肌だけでなく鍼灸をすることで、自律神経を整えて免疫力を上げることにより花粉症の症状が軽減される方もおられます。

症状がきつく、何しても良くならない方は一度美容鍼を試してみませんか?

 

 

鍼灸整体院HALU

🏠西宮市甲子園口3丁目4-14

TEL📞0798-81-3389

LINEでもお問合せやご予約もお取り出来ます☺

⇩クリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ページの一番上に戻る